Massivedynamic.co

ICMG

Building the Business through managing Open Innovation Ecosystem Asia / Singapore

成果ファースト。成果とは、顧客 (大企業 / 新興企業) のビジネスをビルドすること。
オープンにこだわる。多様性をマネージし、成果創出に活かす。

Services

Belief


なぜ、我々は成果ファーストなのか。なぜ、我々はオープンにこだわるのか。


未知からの破壊と創造は加速する

これまで以上に簡単に、誰もが繋がり、誰もが最新のアイデアに触れ、誰もがモノ・サービスを創り・売り、誰もが資金調達できる時代。未知の世界からのビジネス創造は、より一層加速する。

成果への責任が、顧客パートナーシップの原点である

破壊と創造、不確実性の時代に、顧客は成果を求めている。コンサルティングの責任でなく、ビジネスの成果自体への責任を持つこと。これが顧客の真のパートナーへの第一歩である。

オープンでなければ成果を生まない

多様性が加速する時代。クローズドであることは顧客にとっても、我々にとっても許されない。我々自身が自前主義を脱却し、多様なパートナーと共創することが、最大の顧客価値に繋がる。

Concept
激化するイノベーション創出の競争。何よりも重要なことは、自らの強い問題意識、自らしか持ちえない価値ある。
資本である
アイデアは価値ではない。顧客を巻き込み、POCしたアイデアのみが価値になる。


Innovation Dynamics Framework



Position

ビジネスビルディング / オープンイノベーションパートナー: 顧客の成果創出に向け、必要不可欠な存在になる

 1. Process & Program
 
イノベーションで成果を出すために必要なプロセス・プログラムをグランドデザイン・共同運営する (顧客とは共同チームとして成果創出を目指す
 

 2. Future Center
 
多様な知の融合の場。顧客・パートナーとの共創の場。アイデアを創り、その場で検証をリードする

 3. Ecosystem & Alliance
 
フォーカスドメインに従い、顧客よりも先に関係性を創り(ネットワークへ先行投資し)、顧客の成果のためにマネジメントする

Alliances


ICMG自ら先行投資して創り上げた、顧客の成果創出に不可欠なネットワーク


ICMG Innovation Alliance in Singapore

シンガポールに集結する、オープンイノベーションの先進的な知識・知恵 (フレームワーク、実践上の課題、新たな解決策の切り口等)を共有化、先鋭化を目指し続けるアライアンス

Food Innovation Alliance in Singapore

フード領域における、日本企業のASIA / ASEAN向けのローカライズ・新商品開発・テスベッド・マーケティング支援にフォーカスしたアライアンス

シンガポールを戦略的拠点とする理由

政府主導でのイノベーションネーション化
世界中のイノベーションのアーリーアダプター

政府主導で世界中のイノベーションをいち早く採用し、SGでの実績創り・ショーケース化で、企業の国際展開を加速する

デジタルビジネスの実験場
現地課題とデジタルの融合に事業機会

新興市場ゆえの豊富な、切実な課題、インフ未成熟に、政府主導でデジタルで切り込む

アジア・グローバルハブ
アーバンへの横串展開の基点

都市(日本、バンコク、ジャカルタ、KL等)への横串展開の基点として、SGでのビジネス実験の結果を活かす

Domain

グローバル社会の未来にとって重要性が高く、且つ、ICMGの優位性を持続的に高める、フォーカス領域

Water

ヘルスケア/Food

エネルギー

IoT

ロジスティクス

Fintech

Services

ICMGは、自ら投資したプラットフォーム上でサービスを展開し、大企業の「掛け算」を成功させる

ビジネスビルディングサービス


アジア戦略構築プログラム
アジアのイノベーションハブであるシンガポールにて、戦略的討議可能なパートナーと討議しながら戦略策定を行う


イノベーション戦略&グランドデザイン構築プログラム
地域軸 / 事業軸にて、戦略基本方針を策定し、且つ、実現するためのイノベーションエコシステムのグランドデザインを行う


ビジネスモデル構築・検証(実験・POC)プログラム
戦略方針に従い、アイディエ―ション / ビジネスモデル構築 / パートナー探索 / 初期的検証・実験を行い、初期成果を創出する


フューチャーセンタープログラム
ICMG Future Centerをオフィススペースとして活用、且つ、ICMGが先行投資して保有する現地ネットワーク、オフィスサービス / インターンシップを活用する


エグゼキューションサービス


事業提携・資本提携支援プログラム
戦略・ビジネスモデルに合致したパートナーとの事業提携・資本提携を行う


オープンイノベーションセンター / HQ設立支援プログラム
HQの必要性のストーリー / HQのあるべき姿を描き出すと共に、EDB等と連携しながら具体的な設立支援を行う


Global Leader / Entrepreneur 人材開発サービス


人材戦略・エコシステムグランドデザイン プログラム
全体戦略から、人材課題、及び、解決策を導出し、企業内における全体の生態系(エコシステム)として機能する全体像を描き出す


智を磨き、軸を創るリーダーシップ研修
次世代経営人材・リーダーの育成のみならず成果創出を目指し、実践的な企業課題、イノベーションテーマを前提とした選抜人材に対する実践の場の提供する


他流試合
オープンイノベーション時代を牽引できるリーダーの育成のみならず成果創出を目指し、他業界・他企業とのアイディエ―ションの実践の場を提供する


Partners


各フォーカスエリアのエコシステムのハブとなり、プロジェクトで共創するパートナー


Organization Partner

Sustainable Living Lab (SL2)

国連が定めた持続的開発目標に基づき、シンガポール政府・大企業のアイデアソンを企画・運営する企業。SDGsに基づくASEAN中のネットワークの中心に位置し、プロトタイプ工房も保持。ICMGとは、大企業向けにアイデアソンを共に企画・運営する。

E27

ASEAN最大級のスタートアップメディア / イベント(Echelon)を展開する、スタートアップエコシステムの中心的企業。ICMGとは、日本企業と、ASEAN / Singaporeの多様なスタートアップとのアイディエ―ションプログラムをICMGと共に企画・運営する。

Plug & Play

米国シリコンバレー発、大企業とスタートアップが交わるイノベーションセンター / アクセラレーションプログラムを企画・運営する企業。現在、世界10数カ国に展開し、ICMGとは、スタートアップアクセラレーションプログラムを共に企画・運営する。

NUS Enterprise

アジアトップ大学のNUSが企運営するインキュベーター。Lean Launch Padシンガポール等での新興企業支援を行い、大企業支援プログラムも保有。ICMGとは、ICMGとは、スタートアップアクセラレーションプログラムを共に企画・運営する。

FIRC

ASEAN/ASIAを代表するフード領域の政府系イノベーションセンター。フード関連新商品開発・テスト生産・コンシューマーテスト等をワンストップで支援可能。ICMGとは、日本企業向けのフードイノベーションプラットフォームを共同企画・運営する。

AIRmaker

IoT分野にフォーカスするアクセラレーター。深セン等とも連携し、アイディエ―ションからプロトタイプ、ビジネスPOCまでを可能とするプログラムを保有。ICMGとは、IoT/Smart Homeのスタートアップアクセラレーションプログラムを共に企画・運営する。

Startup bootcamp

欧州No1のアクセラレーター。Smart City & Living / Fintech / Smart Transportation & Energy / Degital Health等でのアクセラレーションプログラムをオーガナイズ。ICMGとは、Fintechのスタートアップアクセラレーションプログラムを共に企画・運営する。

Origgin / Enlop

NUSを卒業し、複数企業を創業、政府系企業のディレクターも務めるClarence(ICMG Independent Director)がリードする、ビジネスビルディング特化企業。ASTARとの共同事業創造が可能な権利を唯一持ち、ICMG / 顧客との事業開発を共同実施する。

STT /STT GDC / STT Connect

世界第2位のデータセンター事業に基づき、STT関連企業に対してデジタルプラットフォーム(クラウド、アプリケーション等)を提供する企業。ICMGとは、STTのクラウドデジタルプラットフォームを活用した事業開発を共同実施する。

ACA

シンガポールを中心に東南アジアにて投資事業を行う企業。900億以上の資金を運用。ICMGのグループ企業。ICMGとは、日本大企業のビジネスモデルを革新するパートナーの発掘にて協業、共同投資も行う

Team & Partners

Hitoshi Funahashi / 船橋 仁

総合商社を経て、株式会社リクルートに入社し、ビジネスインキュベーションをリード。企業価値の源泉である知的資本に着目したマネジメントコンサルティングファームICMGを創業し、日立製作所をはじめとする日本を代表する大企業の経営改革を実現。企業の持続成長を目的に、人材開発から事業開発、エグゼキューションまでを一貫してリード。 早稲田大学大学院経営学修士(MBA)、博士(Ph. D) 経済同友会 中堅中小企業活性化委員会副委員長(2009年)、同会 幹事(2010年)

Akihiro Azuma / 東 明浩

リクルートにおいてグループの経営戦略および財務戦略に従事後、日興アントファクトリー(株)において主にM&A、プライベートエクイティ投資に携わり、マネージングダイレクター兼アント・コーポレートアドバイザリー(株)〈現ACA(株)〉代表取締役社長を歴任。 2011年にICMGに参画。ファイナンシャルアドバイザリー / コーポレートベンチャーキャピタル分野の支援に従事。 東京大学医学部卒

Clarence Tan (Independent Director of ICMG Singapore)

シンガポールにてPerfect Innovation Pte LtdやPinnz Pte Ltdなど数々のテクノロジースタートアップを立ち上げ、現在は2001年に立ち上げたGlobal Roam Pte LtdのCEOに就任。現在は、Origgin / Enlopにて、ASTARとのVenture Cocreation Agreementに基づく共同ベンチャー創造・投資、大企業との事業共創等をリードする。 University of Southern Queensland卒業後、National University of Singapore(NUS)にてMBA取得

Gen Funahashi / 船橋 元

Deloitteで日本企業のクロスボーダーM&Aを手掛け、ACA Investmentsにファンドマネージャーとして参画。航空機スペアパーツ投資や医療機器ファイナンス等、ストラクチャード・ファイナンスファンドを運営。2017年よりICMG取締役に就任。ICMGシンガポールのディレクターであるClarence Tanと日本企業及びシンガポール企業のVenture Co-Creationを促進。早稲田大学政治経済学部卒。Boston University Exchange Program修了

Yusuke Tsuji / 辻悠佑

J.P. Morganを経て、ICMGに参画。新規事業開発 / オープンイノベーションを中心とし、アイデアから事業化まで顧客チームと一体となった実行のみならず、大企業のイノベーション経営の確立に向けた、イノベーション戦略、コーポレートイノベーションプロセス、人材要件、各種制度等のグランドデザインから詳細設計、実行をリードした多数の経験を保有(社長直轄の経験も複数保有)京都大学大学院 工学研究科 修了

Veerappan Swaminathan (Founder & Director)

シンガポールにおけるSustainabilityとMaker Movementをリードする代表的な起業家。Sustainable Living Labやハードウェアイノベーションを牽引するOne Maker Groupを創設。Young Enterprise For Sustainable Development Award 2015等、多数の受賞歴を持ち、ASEANにおける持続的開発目標の実現、ハードウェアイノベーションの牽引をリードし続ける。 National University of Singapore(NUS)卒業 (成績上位3%が対象のUniversity Scholars Programに選出)

Atem S. Ramsundersingh (Wenergy Founder)

世界銀行ではシニアマネージャー、UNESCO-IHEではプログラムディレクターとして従事し、新興経済下、複雑な意思決定環境や金融環境でのビジネス、プロジェクトを推進。現在はWEnergy Global Pte Ltdにおいて、持続可能な再生エネルギーを軸とし、フィリピン等において電力開発から売電までに至る事業を、政府・関係企業等と共に創設・運営する。 Delft University of Technologyインフラ技術分野にて修士課程修了

Mann Na Loong (FIRC Centre Director)

2007年のFood Innovation & Resource Centre (FIRC)設立時より所長を務め、10年に渡り、食品関連企業との数々の案件をリード。Singapore Polytechnic the School of Chemical & Life Sciencesの副理事も務め、食品に関わる応用技術、栄養学、健康学のコースを取りまとめる。2014年からはシンガポール政府の食品製造セクターのコーディネーター長も歴任。

Isao Segawa / 瀬川 勲

総合商社(現双日株式会社)にて、延べ8年間の海外駐在を含め、国際貿易、事業投資を担当。2005年人材派遣業大手の事業投資会社(㈱スタッフサービス・インベストメント、後に㈱OGインベストメント)の取締役(後に代表取締役)としてレストラン、リゾートホテル、ゴルフ場、日本酒酒蔵等の事業再生や、技術ベンチャー等への投資を担当。2012年にICMGに参画し、M&A・アライアンス事業に従事する傍らCFOに就任。神戸大学法学部卒

News

About Us

ICMG Future Center in Suntec Value Creation

6 Temasek Boulevard #42-02 Suntec Tower 4 Singapore 038986

ICMG Future Center in Blk 71 Value Extraction

Blk 71 Ayer Rajah Crescent #05-19/20/21 Singapore 139951

CONTACT US

お問い合わせ